代表者紹介

ゲイの心理カウンセラー村上裕

村上 裕 ( Murakami Yutaka )

一般社団法人全国心理業連合会公認
上級プロフェッショナル心理カウンセラー

ゲイの心理カウンセラー

LGBTQIビジネスコンサルタント


1982年2月17日生まれ、福島県福島市出身。
福島南高等学校にて情報・会計を学び、千葉商科大学にて経営・商学を学んで後、(株)アイディアヒューマンサポートアカデミーにて、マイクロカウンセリング理論来談者中心療法動物介在療法芸術療法、等を学ぶ。
2007年にカウンセリングルームP・M・R創業後はLGBTQIのサポートに必要と感じ、社会心理学とアドラー心理学を学ぶ。

東京都中野区にてカウンセリングルームP・M・Rを運営しながら、数百人を超える多種多様なLGBTQI当事者や周辺家族や異性配偶者、ご友人、職場における上司・部下・同僚といった関係の方々などから、ご相談を受ける。

「セクシュアルマイノリティ当事者が、ありのままに生きる姿を社会に現すこと」を理念にメディア活動も展開しながら、LGBTQIへサービスを提供したい企業や法人に対し、マーケティングやコンサルテーションも行う。

現在は、延べ 1,500 件以上に及ぶ LGBTQI の心理相談を背景に、LGBTQI の心理学講座の開講や、孤立しやすいLGBTQIの周辺家族や友人をサポートする家族会や心のケアワークショップの開催、企業や学校へ向けてのLGBT研修を提供。
心理カウンセラーを目指す個人への直接指導を行う人材育成にも注力しながら、社会の新しい動きから起こる様々な変化に向けて尽力している。


---- particularly ----

幼少期から思春期にかけ、託児施設での虐待や、ゲイ(男性同性愛者)であることを要因とした長期間にわたる虐め、身近な人々との死別を経験。

大学生活の途中で自分自身がメンタル不全になった事をきっかけに、1年間の引きこもりとなる。
回復の過程で精神科治療に触れるが、精神医療の現場では心理カウンセリングが提供されていないことを知り、心理カウンセラーを求める。

心理学と出会いながらセクシュアルマイノリティをオープンにしている心理カウンセラーを求めるも、2000年当時には、セクシュアルマイノリティの心理カウンセラーが社会に存在していなかったことから、(株)アイディアヒューマンサポートアカデミーにて、心理カウンセリングとアニマルセラピーを学びながら、自己回復を行う。

同スクールにて毎年開催されている海外研修プログラムでは、
GMHC(ゲイ・メンズ・ヘルス・クライシス:世界で最も古い、同性愛者を対象とする健康支援団体)
SAVI(サヴィ:マウントサイナイ病院にて提供されている、レイプ被害者へのカウンセリングプログラム)
GreenChimneys(グリーンチムニーズ:保護された動物と共に、子供たちへアニマルセラピーを提供する非営利の学校)
での研修を経て、日本にも、質の高いカウンセリングサービスを普及する必要性を実感。

2007年、心の学びが心の回復に繋がること、心理カウンセリングが人の人生を豊かにすることを感じ、東京都内にカウンセリングルームP・M・Rを設立。
(株)アイディアヒューマンサポートアカデミーを卒業後、「LGBTIQの自殺をとめ、生きづらさを解消すること」を理念に、社会に広くカミングアウトを行う、日本で初めてのゲイの心理カウンセラーとして、活動を始める。

現在では、「セクシュアルマイノリティが、ありのままに生きる姿を社会に現すこと」を理念に、DREAMS COME TRUEのCM出演、解決!ナイナイアンサーやハートネットTVを初めとするTV番組への出演や、GQ JAPAN (ジーキュー・ジャパン)、TOKYO GRAFFITI(トウキョウ・グラフィティ)、City Living(シティ・リビング)、セラピスト等の多くの雑誌、毎日新聞の「境界を生きる」、情報サイトg-lad xx(グラァド)へのコラム提供を行う。

日本全国、時に海外から、延べ数百名に及ぶセクシュアルマイノリティ当事者や、周辺家族のご相談を引き受ける。
(社)全国心理業連合会の認定する全国統一資格プロフェッショナル心理カウンセラー資格の立ち上げに携わりながら、区営の福祉センターでのカウンセリング提供、某大学の心理学部での客員講師を務めるなかで、社会で活動する心理カウンセラーへの、セクシュアルマイノリティ(LGBITQ)の教育の必要性を実感
カウンセリングルームP・M・Rでの委託業務として、2013年〜2014年まで、母校でもある(株)アイディアヒューマンサポートアカデミーにて、心理学講座の講師やトレーナーを務め、2015年以降は、カウンセリングルームP・M・Rにて、LGBTの心理カウンセラー育成を開始し、多数の心理カウンセラーの育成を行う。

2016年以降は、企業・団体・教育現場との連携にも注力し、イオングッドライフクラブと連携してイオングループ内でのLGBT教育や、(株)日比谷花壇、(株)ハウスボートクラブ等とLGBTのライフエンディングイベントの共同開催等を行う。

現在も、更なるLGBTIQのメンタルヘルス教育と、カウンセリングサービス普及のために尽力している。

a:4902 t:8 y:13